八戸銀サバづけ丼

「八戸銀サバづけ丼」は2014年の全国ご当地どんぶり選手権で上位に入り、今回はシード丼として出場します。脂の乗ったプリプリの銀サバはサバ好きにはたまりません。どうしてそんなに美味しいどんぶりになったのか、その秘密を調べてみました。皆さまも会場で、ぜひこの味に出会ってください!

 

「八戸銀サバづけ丼」の美味しさの秘密を調べてみました

「八戸銀サバづけ丼」の美味しさの秘密を調べてみました

「八戸銀サバづけ丼」で使われているサバは、昨年の選手権でも脂がのってプリップリと大評判。どうしてかと調べてみたところ、北緯40度30分という冷たい海流にもまれて育った鯖の生い立ちに、美味しさの秘密がありました。

太平洋の鯖は、時期によって生息地を移動する回遊魚なのだそうです。春に伊豆半島の沖合で産卵すると、エサのプランクトンが多い北海道沖に行って脂を蓄えます。その後、産卵のため再び南下するのですが、八戸沖に着くのが、いちばん脂の乗った秋、つまり鯖の旬の季節になるのだそうです。

そんな八戸産の鯖を使っているんだったら、美味しくないはずがありません。しかも、800~1kgという超大型の鯖だけを使っているのです。鯖の中でも特に脂の乗った鯖を「銀鯖」というそうですよ。

今回の「八戸銀鯖づけ丼」は、そんな銀鯖を大胆にヅケにして盛り付け、ネギや生姜、ゴマといった薬味を添えました。

 

前回の「全国ご当地どんぶり選手権」での評判は?

前回の「全国ご当地どんぶり選手権」での評判は?

2014年「全国ご当地どんぶり選手権』で、「八戸銀鯖づけ丼」を食べた人から、「ブリみたいにとろける鯖に感動!」といた声や「八戸まで行って、もっと食べたい」という声が続々と上がっています。期待以上、想像以上という声が多く、食べる前から期待させられます。鯖が新鮮で美味しいのはモチロン、つけタレも絶妙だとか。

鯖と言えば、八戸が名産地として有名です。そんな新鮮な銀鯖を惜しげもなく使った「八戸銀鯖づけ丼」を、東京で食べられるチャンスです!

 

本場・青森八戸では、「寿司と新郷土料理・俵屋」で食べられる

本場・青森八戸では、「寿司と新郷土料理・俵屋」で食べられる

「八戸銀鯖づけ丼」を本場・青森八戸で食べられるのが、『寿司と新郷土料理・俵屋』です。大きな器いっぱいに鯖が乗ったどんぶりと、お吸い物、小鉢までついて1,200円という価格はナイスです。

ここで、店主に聞いた食べ方のコツをお教えすると、美味しい鯖のどんぶりを一気に全部食べてしまいたいという、はやる気持ちを抑えて、まずは半分だけ食べる。その後、熱いお出汁を掛けてお茶漬け風に鯖の味を楽しむということです。違う味の鯖が2度楽しめて、お得な食べ方ですね。

『寿司と新郷土料理・俵屋』さんでは、どんぶりだけでなく、八戸産の新鮮なネタをふんだんに使ったお寿司や創作和食を楽しむこともできます。お昼はランチがおすすめ。とにかく純粋に鯖を楽しみたいなら、3,000円の「選べるサバ三昧コース」がおすすめです。青森産の地酒も美味しいですよ。

また家庭でも楽しめるよう冷凍でも販売されていますが、全国的な流通量が多くないとか。手軽に500円で食べられるどんぶり選手権はありがたい機会ですね!

このサバ丼が食べられる『ふるさと祭り東京』のチケット情報はこちら>>