HOME >  絶対食べたい!どんぶり選手権の常連丼たち >  2014年No.1どんぶり!米沢牛ステーキ丼

2014年No.1どんぶり!米沢牛ステーキ丼

『ふるさと祭り東京』で開催されている「全国ご当地どんぶり選手権」で2014年に見事No.1どんぶりに輝いたのが、この「米沢牛ステーキ丼」です。

ただでさえ美味しい米沢牛をたっぷりと使って、どんぶりで味わえるなんて、なんて贅沢なんでしょう。今年は、シード丼として選手権に出場するので、絶対に食べてみてくださいね。

 

「米沢牛ステーキ丼」について調べてみました

「米沢牛ステーキ丼」について調べてみました

2014年No.1のご当地どんぶりに選ばれた「米沢牛ステーキ丼」ですから、これを知らなきゃ始まらない、ということで、さっそく調べてみました。

「米沢牛ステーキ丼」を提供するのは、山形県米沢市にお店がある『琥珀堂』さんです。米沢牛の本場、米沢市で営業しているお店なんですね。なるほど、No.1ご当地どんぶりに輝くのもうなずけます。今回の「米沢牛ステーキ丼」も米沢牛100%のお肉を使っているのはもちろんですが、さらにすごいことに、その中でも最高ランクのお肉だけを使っているそうです。

米沢牛というだけでも贅沢なのに、少々レアでいい感じに焼けたステーキをかなり分厚く切り分けて、惜しげもなくご飯に乗せてあるんです。これは、絶対食べなきゃ始まらない。お肉の味が、口の中でジュワ~となるのを想像しただけでワクワクしてきます。

 

「米沢牛ステーキ丼」を食べた人の声は?

「米沢牛ステーキ丼」を食べた人の声は?

「米沢牛ステーキ丼」は、最高級の米沢牛をじっくりローストしてあるので、美味しくないわけがない!昨年の『全国ご当地どんぶり選手権』で食べた人からも、「肉厚でジューシーな味」、「肉が脂っぽくなくて美味しい」という声が上がっていました。

実は、米沢牛だけじゃなくて、お肉の横にちょこんと並んでいる、白いシナチクも意外と好評なんです。少しあっさりめでぱりぱりした味が、濃厚な味のお肉の付け合せとして相性抜群です。

何といっても、ご当地どんぶりNo.1に輝いたので、「米沢牛ステーキ丼」のブースはすごい行列ができていたそうです。でも、「並んで食べた甲斐があった」という声も多くありました。今年も、絶対食べ逃さないように、早めに並んで食べてみることにします!

 

山形まで行かなくてもふるさと祭り東京で味わえる!

山形まで行かなくてもふるさと祭り東京で味わえる!

「米沢牛ステーキ丼」を提供するのは、山形県米沢市にある『琥珀堂』というお店です。米沢市で、ブランド牛を扱う、まさに直球勝負のお店ですね。『琥珀堂』さんでは、通常では「米沢牛肉弁当」という名前のお弁当を販売しています。もちろん米沢牛100%使用で、甘辛く煮込んだ米沢牛がどっさり乗っていますが、お値段はと見てみると、何と1個1,728円!

今年もワンコイン(500円)で食べられるふるさと祭り東京の『ご当地どんぶり選手権』は、すご~くお得感がありますね。

ふるさと祭り東京で並ぶ時間を短くするコツについてはこちら>>