HOME >  東京のふるさと祭り2015目玉企画 >  ご当地お土産で家族と盛り上がる

ご当地お土産で家族と盛り上がる

『ふるさと祭り東京』の楽しみ方って、本当にいろいろあるんですよ。もちろん、当日、会場でいろいろなグルメを食べたり、全国の祭りを楽しんだりするのはサイコーだけど、グルメなどのお店では、その場で食べるだけではなくて、気に入った味をお土産として購入することもできるんです。

日本各地のお土産のグルメやグッズなどを販売しているコーナーもあるので、掘り出し物が見つかるかもしれませんね。ここでは、お土産で買える品物の数々をご紹介します。

 

ふるさと祭り東京で「おみやげグランプリ2015」を開催!

ふるさと祭り東京で「おみやげグランプリ2015」を開催!

『ふるさと祭り東京』では、前回から「おみやげグランプリ」が開催されています。もちろん、今回のふるさと祭りでも開催します!国内だけでなく海外の方にも喜んでもらえるようなお土産を日本全国から募集し、新しい日本を再発掘できるようなお土産品を探すというコンセプトです。

「おみやげフランプリ」は、日本で製造されたことなどが応募の条件になっているので、知らなかった日本の技術を再発見できるかもしれませんね。

事前に応募された数々の品の中から、「フード・ドリンク部門」と「グッズ・ノベルティ部門」に分けて、それぞれで入賞作品を選びその中からグランプリを決定します。展示・販売ブースも設けられているので、気に入ったお土産があったら、購入することもできますよ!

それでは、前回グランプリを受賞した作品をご紹介します。

 

tomato-ume(JAみなべいなみ)

フード・ドリンク部門で前回グランプリを受賞したのは、JAになべいなみさんの「tomato-ume」です。紀州南高梅をミニトマト「優糖星」で漬け込んだ商品で、普通の梅干しのようにしょっぱくないから、デザート感覚で食べられると大好評でした。

そのほかにも(有)ダンテプロゲットさんの「日本酒とお酒のチーズケーキ 八極」や蛭子屋合名会社さんの「misoya no kitchen シリーズ Dip みそ」などが入賞しています。

 

KD DARUMA(occs.)

グッズ・ノベルティ部門で、前回、グランプリに輝いたのは、occs.さんが出品した「KD DARUMA」です。切り込みを入れた段ボールを切り抜いて、自分で組み立てて作る起だるまなんです。4枚ほどの小さい段ボールから簡単にだるまさんを組み立てられる斬新さが、外国の方にも受けたのかもしれませんね。

グッズ・ノベルティ部門では、その他に(株)沖縄ゴールデンファームさんの「和装箸袋」なども受賞しています。

 

その他のお店でもおみやげ購入ができます!

『ふるさと祭り東京』では、300店以上のグルメ、100種類以上のお酒のお店が出店しますが、その場で食べるだけじゃなくおみやげとして購入できます。

「絶品!逸品!ちょいのせ市場」で、美味しかったものをお土産として買っても良し、「ご当地スイーツストリート」で、食べたかったあのスイーツを買っても良し。そのほかのお店でも試食コーナーがたくさんあるので、試食させていただいて美味しかったら、お土産に買っちゃいましょう。

家に帰ってからも、家族ともう一度、盛り上がれること請け合いです!

全国のお土産が買える!ふるさと祭り東京のチケット情報はこちら>>